トラック・重機の豆知識・大辞典!

トラック・重機の豆知識やお役立ち情報を日々更新しています!主に【免許・資格・税金・車検】などについてまとめています!

トラック買取ランキング

「ディーゼルトラック」様々な凍結に関するトラブル対処法!!

トラックを駐停車していて、ドアが凍ってしまって開けられなくなった。フロントガラスが凍ってしまって前が見えない。燃料が凍り付いてエンジンがかからない。など、寒い冬・寒い場所で凍結に関するトラブルにあってしまいトラックを動かすことができなくなって困ったことはありませんか?

「ディーゼルトラック」様々な凍結に関するトラブル対処法!!そんな時のためにも、凍結に対する対処法を心得ておく必要があります。また、凍結を予防するための対策法を知っていれば凍結を未然に防ぐこともできます。

ここでは、トラックが凍結トラブルにあってしまった場合の対処法や、凍結させないための対策法についてまとめてみました。

フロントガラスが凍ってしまった場合の対処法!!

車のフロントガラスが凍る原因は、夜間に発生した霧がフロントガラスに降りて「放射冷却」という現象によって凍るからです。なお、放射冷却は秋から春までの時期の、よく晴れた風の弱い夜間に発生しやすいとされていますので、天候が良く霧が多く発生している朝には要注意です。

それでは、トラックのフロントガラスが凍ってしまった場合はどのようにして解凍していますか?
スクレパーで取るという手もありますが、寒い朝に冷たい思いをしながらガリガリこすっていると心も萎えてしまいますし、反対に手が凍ってしまいます。ですので、お湯をかけることが主な解凍方法のようですが、ここで重要な注意点があります。

フロントガラスが凍ってしまっても、熱湯をかけて解凍することは絶対に厳禁です。その理由は、車のフロントガラスは普通のガラスと違って複数構造になっています。そのため急激な温度変化に弱く、最悪の場合割れてしまうことがあります。

また、熱湯で解凍しても、その場は解凍されますが、急速に解凍された水分がまたすぐに凍り付いてしまいます。さらに、再凍結により、熱湯がかかったゴムが傷んでしまいます。
お湯を使ってフロントガラスを解凍する場合は、熱湯ではなく、40℃くらいのぬるま湯で解凍するようにしてください。

この場合に、エアコンのデフロスターをかけて、ワイパーを動かしながらぬるま湯をかけると最も早く解凍することができます。また、外出先でぬるま湯が用意できない場合は、自動販売機の暖かい飲み物を代用するといいでしょう。

こんな時に備えて解氷スプレーをトラックに常備しておくと、いざという時のためにも役立ちます。フロントガラスの凍結を防止するためには、ガラコなどの強力撥水コートを施工しておくことで霧の付着を最小限に防ぐことができて、多少凍ってしまったとしても簡単に落とすことができます。

他には、霧の発生が少ない屋根付きのガレージに入れる、トラックにカバーをするなどの措置を行っておくことで、フロントガラスの凍結を最小限に防止することができます。

ドアが凍結してトラックに乗れない場合の対処法!!

いざトラックに乗り込んで仕事に出発しようと思っても、ドアが凍ってしまって開かない、さらに、鍵穴も凍ってしまったなど、急いでいる朝の時間に困ってしまい焦りますよね。
ドアが凍ってしまう原因は、ドアの隙間に水分が入り込んで、その水分が凍り付いてしまった事が原因です。これにより、ドアのゴムが車体に張り付いてしまいます。

まず、ドアが凍ってしまった場合でも力任せにドアを開けようとすることは絶対にしてはいけません。ゴムが外れたり、破れたりする可能性があります。
さらに、私の実体験ですが、最悪の場合、ドアノブを力任せに引っ張った結果、ドアノブのみが取れてしまいました。ドアノブが外れてしまうと、整備業者でない限り内側からしか開けられません。

ドアが凍ってしまった場合の対処法は、ぬるま湯でドアと車体の隙間の凍結しているゴム部分に流し込むか、解氷スプレーで凍結しているゴム部分を狙って噴射するようにしてください。
この場合も、ゴムが傷んでしまうので「熱湯は厳禁」です。解凍後は再凍結しないように、ドアについている水分はキレイに拭き取るようにしてください。

また、鍵穴が凍ってしまって鍵が入らない場合の対処法は、鍵穴専用の解氷スプレーを使用して解凍することもできますが、入ることができない車内に置いておいても何の意味もありませんので自宅や会社に保管しておく必要があります。
鍵穴が凍らないようにする予防法は、556やグリススプレーを鍵穴に噴射しておくと良いでしょう。

軽油燃料が凍結してしまいエンジンがかからない場合の対処法!!

寒い場所で長時間停車していたら燃料が凍結してエンジンがかからなくなってしまって困ったことはありませんか?

ガソリンは90℃超まで対応可能ですので、凍ることはありませんが、軽油(ディーゼル)の場合は、対応温度が非常に低く日本の気候でも十分に凍結する可能性があります。完全に固体化してしまうことは考えにくいですが、シャーベット状になりフィルター部分や細管部で目詰まりしまうことが原因で、エンジンまで必要な燃料が供給されないため、セルは回るけどエンジンがかからない、という現象が起こります。

また、給油されている軽油にも地域や季節によって対応温度に違いがあり、特1号軽油(プラス5℃)から特3号軽油(マイナス30℃)までの規格がありますので、遠方まで移動した場合は現地のスタンドで地域に合った規格の軽油燃料を給油してください。

軽油燃料が凍結してしまいエンジンがかからない場合の対処法は、フィルター部分と噴射ポンプにお湯をかけて解凍するしか方法はありません。ですが、この作業もある程度暖かくなるまで待っておく必要がありますので、すぐにエンジンをかけることは難しいかと思います。最悪の場合は暖かい場所までレッカー移動ということもあります。ですので、軽油燃料を凍結することを未然に防ぐことが一番の対処法です。

寒い場所に長時間停車する場合は、停車する前に必ず軽油燃料を満タンにしておいてください。軽油燃料が少なければ少ないほど凍結するスピードも速くなってしまいます。軽油燃料が半分以下の場合は凍結する可能性が非常に高くなってしまいますので要注意です。

注意する点は、たとえエンジンが始動してもすぐに発進すると完全に解凍されていない軽油燃料がまた詰まってしまい走行中にエンジンが停止してしまう可能性がありますので、十分にエンジンを温めてから始動するようにしてください。

寒い地域での作業が多い方は、軽油燃料の凍結を未然に防ぐためにも、「凍結防止剤」を予め入れておくことをお勧めします。

トラック・重機買取ランキング
〜スポンサードリンク〜

▲ページの先頭へ