トラック・重機の豆知識・大辞典!

トラック・重機の豆知識やお役立ち情報を日々更新しています!主に【免許・資格・税金・車検】などについてまとめています!

トラック買取ランキング

中型・大型免許「各種」の取得費用を安く抑える助成金と利用方法

これから大型自動車免許または中型自動車免許を取得して、今後の就職活動に役立てたり、現在の職業に役立たせたい、自分のスキルアップを図りたい、など免許取得に向けて意欲的になっている方もおられると思いますが、一つ気がかりなのが「免許取得にかかる費用」ですよね。

3b070d16873164d85af175b6c1ffc848_s大型自動車免許の取得条件は、普通・中型自動車免許または大型特殊免許の免許取得後3年以上を経過していることが取得条件ですが、普通免許(MT)取得後でも大型免許取得にかかる費用は350,000円程度が必要となり、普通・中型免許または大型特殊免許を取得ていない方は、普通・中型免許又は大型特殊免許を取得してから大型免許を取得することになりますので、より高額な費用が必要となります。

ですので、これから中型免許又は、大型免許を所得しようとお考えの方にとって、「少しでも免許取得費用を抑えられないのか!」と考える方は多と思います。
そこで、大型自動車免許各種の取得費用を国が助けてくれる助成金「教育訓練給付金制度」について紹介します。

「教育訓練給付金制度」の申し込み方法と利用要件

「教育訓練給付金制度」とは、働く人の能力をアップすることを支援するためや、離職中の方の再就職を促進するために、各種大型免許取得費用の一部を助成する制度で、免許取得合計金額の20%(最大10万円)の給付金を受けることができます。

大型自動車免許の取得資格

4e8169b30b4914411067244aa51b9f6c_s大型自動車免許の取得資格は21歳以上かつ、普通・中型自動車免許または大型特殊免許を取得してから3年以上の運転経験がある方に限定されていますので、これらの運転免許を取得していない方は、普通・中型自動車免許あるいは大型特殊免許を先に取得する必要があります。

教育訓練給付金制度で取得可能な免許

  • ・大型第一種免許  ・大型第二種免許  ・大型特殊免許  ・中型免許  ・けん引免許

    ・普通二種免許   ・フォークリフト免許   等

なお、平成26年10月1日に「教育訓練給付金制度」の給付内容が拡充され、大型免許の取得費用などを助成する従来の「一般教育訓練の教育訓練給付金」と、建築士や宅建取引、建築施工管理技士、ファイナルプランナーなど、仕事のスキルアップ、資格取得を目指す方のために専門的な講習受講費用を助成する「専門的実践教育訓練の教育給付金」があります。

1664bb3366fe906cf2669d80d4d6f4f7_s各種大型免許を取得する際に教育訓練給付金を受けるには、「支給対象者条件を満たしている」必要と、「免許取得後1ヶ月以内にハローワークに対して必要書類を提出して申し込みすること」で給付金が支給されます。

また、教育訓練給付金に対応している教習所も多くありますので、各教習所に問い合わせてみてください。

給付金支給対象要件

給付金支給対象者は「65歳以下」の方が対象で、給付金を受けるには下記のいずれかに該当している必要があります。

■現在、在職中の方
教習申込日現在に在職中の方で、雇用保険の加入が通算3年以上である方(一度退職して再就職した場合の空白期間1年以内であれば前職分も通算される)または、初めて教育訓練給付金制度を利用される方は、初回に限り雇用保険の加入期間が1年以上ある方。

■現在、離職中の方
教習申込日現在に離職中の方で、雇用保険を喪失した日(離職日の翌日)から教習申込日までの期間が1年以内で、さらに、全職分の雇用保険の加入期間が3年以上である方。または、初めて教育訓練給付金制度を利用される方は、初回に限り雇用保険の加入期間が1年以上である方。

事前に給付金支給対象であるかの確認方法

cd7598445245e893e5c7326b88db5732_s給付金支給対象要件は住居所を管轄するハローワークの「教育訓練給付金支給要検照会票」に必要事項を記入することで、来所あるいは郵送で紹介結果「教育訓練給付金支給要件回答書」を受けることができます。

また、教育訓練給付金制度を利用して教習所へ申し込みを行う場合は、ハローワーク発行の「教育訓練給付金支給要件回答書」を申込時に提出する必要があります。

給付金を受ける際にハローワークへの提出書類

  • 教育訓練給付金支給申請書
  • 教育訓練修了証明書
  • 領収書(クレジットカード契約の場合はクレジット契約証明書)
  • 本人・住所確認書類(免許所や住民票の写し、健康保険所等)
  • 雇用保険被保険者証または雇用保険受給資格者証(コピー可)
  • 本人名義の払渡希望金融機関の通帳

大型免許を取得することで運転可能な車輌区分

大型自動車免許(第一種)

269d480284325e612a13cb24da870895_s大型自動車免許(第一種)を取得することで、車輌総重量11t、最大積載量6.5t、乗車定員30人以上の自動車を運転することが可能になり、この他にも下記のような車輌区分の自動車の運転が可能になります。

運転可能な車輌区分

  • ・中型自動車  ・普通自動車  ・小型自動車  ・小型特殊自動車  ・原動機付自動車

また、第一種免許は自動車を一般的な目的で使用することに限定されていますので、荷物輸送で報酬を得ることを主とする運送業などで活用することができます。

大型自動車免許(第二種)

d3e118026bc97d795ba023d3e4e1d147_s運転可能な車輌区分は同じですが、第二種ではタクシーやバスなどの旅客自動車で人を運送して報酬を得ることや、運転代行業務として自動車を運転して報酬を得るなどの業種で活用することができます。

まとめ

今回は、大型免許を取得する際に利用できる「教育訓練給付金制度」について紹介いたしましたが、大型免許を取得することにより就職活動にかなり有利になります。これから大型免許の取得をお考えの方は、是非、教育訓練給付金制度を利用して高額となる大型免許取得費用の負担を少しでも軽減してください。

トラック・重機買取ランキング
〜スポンサードリンク〜

▲ページの先頭へ